2016.06.15更新

今回の症例ブログは、当院で行う歯石除去(スケーリング)などの歯科治療についてです。

 

皆さんの家族のわんちゃん・ねこちゃんのお口の状態はいかがでしょうか?

3歳以上の犬猫の8割が、何らかの口腔内疾患に罹患していると言われています。

 

ワクチン接種や定期予防の際に、獣医師にお口の状態を確認してもらいましょう。

 

現在はトリミングサロンや一部の動物病院で、無麻酔での歯石除去を行っている施設がありますが、

大変危険な行為であり治療効果も期待できなく、動物を抑え込んで行うため大変な恐怖とストレスを与えます

アメリカの獣医師歯科学会日本の小動物歯科研究会も、基本的に無麻酔下の歯石除去を禁止しています。

この無麻酔での歯石除去については、また後日ブログでご紹介いたします。

 

それでは当院での歯科治療の流れです。

今回は歯石除去(スケーリング)のお話です。

 

症例はわんちゃんdogです。

お口の臭いが気になるということで、来院されました。

歯石沈着が見られ、歯肉炎もあり、このままと抜歯しなければいけない状態になってしまうため

麻酔をかけての歯石除去・治療を行いました。

 

歯石除去 前

全体的に歯石が沈着しているのがわかります。

当院では麻酔をかけた後、人間の歯医者さんと同じように

1本1本診断しています。診断治療の内容は飼い主様にわかるように、紙面でお渡ししております。

 

ぷろーびんぐ

歯周ポケットの深さを測定しているところです。

怪しい歯は見た目だけではわからないため、歯科専用のレントゲンで撮影・診断いたします。

 

その内容がこちら(写真の症例と診断治療書の内容は無関係です

歯科診断書

どの歯がどのくらい歯石が沈着していたか、歯の揺れ(動揺)、歯肉炎の程度、

どの部分を局所麻酔したか、治療内容等を記載しています。

 

超音波スケーラー(歯石をとる機械)で歯石除去をした場合、肉眼上はきれいに見えますが

実は顕微鏡レベルではまだ歯石が取れていないことが多く、歯面がザラついており

歯石が付きやすい状態です。

そのためツルツルにするために、2回ほど研磨します

 

ポリッシング ブラシ

まずは研磨剤をつけ、ブラシ状の物で磨いていきます。

ポリッシング ラバーカップ

次により目が細かい研磨剤を使用し、ゴムで磨き上げます。

スケーリング後

処置終了後。

 

きれいになったお口ですが、何もケアをしないとすぐに元の状態に戻ってしまいます。

きれいにした後はしっかりとしたオーラルケアを行いましょう。

 

お口の問題については、お気軽にご相談ください。

投稿者: けいこくの森動物病院

  • clincblog
  • facebook
  • クレジットカード対応
  • アニコム損害保険対応動物病院
side_inq.png