設備紹介

全自動血球計算機

血液検査に使用する分析装置です。赤血球・白血球・血小板の数を自動で測定します。

血液化学検査機

血液成分を調べることで、腎臓・肝臓・中性脂肪などについて診断します。

超音波診断機(エコー)

身体を傷付けることなく、心臓、腹部、血管の様子を調べることができます。

デンタルユニット

歯の治療やケアをするための機材が揃っており、人間と同じように処置することができます。

レントゲン

動物用のレントゲンです。

デジタルレントゲン画像読取装置

撮影したレントゲン画像は、デジタル化してパソコン画面で確認します。

歯科用レントゲン

歯やお口周りの状態をより正確に知るための、専用レントゲン装置です。

歯科用レントゲンセンサー

歯科用レントゲンの結果は、すぐにパソコンのモニターで確認することができます。

医療用画像解析アプリ

人間用に開発されたアプリで、レントゲン・超音波・CT・MRIの画像処理ができるアプリです。

医療用画像解析アプリ

人間用に開発されたアプリで、レントゲン・超音波・CT・MRIの画像処理ができるアプリです。

麻酔器・人工呼吸器

コンピュータで制御された麻酔器です。麻酔処置を行う場合は、基本的にこちらの機械を使用します。

電気メス

通常のメスと比べて、出血量が少なく、麻酔時間が短縮されるというメリットがあります。

麻酔モニター

麻酔を使用する際は、心拍数・血圧・体温・脈拍・麻酔量などをしっかりとモニタリングします。

オトスコープ

耳の中の様子をモニターに映し出すための検査器です。

ネブライザー

人間と同じように、霧状の薬を吸うことで呼吸器疾患を治療します。

ICU

重症のワンちゃん・ネコちゃんの入院施設です。酸素や温度も調整しながら24時間監視することができます。

ICU

重症のワンちゃん・ネコちゃんの入院施設です。酸素や温度も調整しながら24時間監視することができます。

蛋白屈折計

血液・腹水・胸水などに含まれている蛋白質の比重を測定します。

尿比重計

通常の尿比重計はネコちゃんに使用できませんが、こちらの測定器はネコちゃんの尿にも使用できます。

尿検査器

尿検査の結果を、客観的な数値で知ることのできる装置です。

輸液ポンプ

点滴の量を調整することができます。また、詰まりや点滴切れの際はセンサーで知らせてくれる優れものです。

微量点滴器

ごく少量の点滴もできる特別な点滴装置です。

微量点滴器

ごく少量の点滴もできる特別な点滴装置です。

分包機

お薬を1回分ずつにまとめて包装してくれます。

オートクレーブ

高圧の蒸気で、治療・検査器具を滅菌します。

ガス滅菌器

オートクレーブを使用できない道具を、エチレンオキサイドと呼ばれるガスで滅菌します。

顕微鏡

尿や便や身体の組織を検査する際に使用します。顕微鏡画像は、モニターに映し出されます。

吸引器

肺・胸・お腹などに溜まった水を吸い出します。

スリットランプ

角膜や水晶体の異常を発見するための装置です。

眼圧計

眼球の圧力を測定し、緑内障などの診察をする機械です。

半導体レーザー

歯周病の治療、関節などの痛みの緩和、がん治療、血管を塞ぐことなど、幅広く使用します。

遠心機

血液の分離、糞分検査等に使用する遠心機です。

炭酸ガスレーザー

出血を抑え、皮膚の表面だけを切開したり、腫瘤を蒸散させたりすることができます。

炭酸ガスレーザー

出血を抑え、皮膚の表面だけを切開したり、腫瘤を蒸散させたりすることができます。

血液凝固分析装置

血液の凝固能を調べる機械です。主に手術前に検査することで、より安全に手術を行えます。また肝機能の評価にも使用できます。

血液凝固分析装置

血液の凝固能を調べる機械です。主に手術前に検査することで、より安全に手術を行えます。また肝機能の評価にも使用できます。

血液凝固分析装置

血液の凝固能を調べる機械です。主に手術前に検査することで、より安全に手術を行えます。また肝機能の評価にも使用できます。

内分泌測定器

ホルモンを測定する機械です。クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)、甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症の診断、総胆汁酸を測定することで肝機能の診断も可能です。

内分泌測定器

ホルモンを測定する機械です。クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)、甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症の診断、総胆汁酸を測定することで肝機能の診断も可能です。

  • clincblog
  • facebook
  • クレジットカード対応
  • アニコム損害保険対応動物病院
side_inq.png