ワクチン接種

ワクチン接種(予防接種)の重要性

ワンちゃんやネコちゃんの病気を防ぐためには、あらかじめワクチンを接種して、身体の中に抗体を作っておくことが有効です。人間には感染しないウイルスや細菌などに感染してしまうことがあり、他の動物との接触で感染ることもあります。動物を苦しませないためにも、きちんと予防接種を受けておきましょう。

狂犬病ワクチン

 

日本では、毎年狂犬病の予防接種を受けることが義務付けられています。国内ではしばらく発症は報告されていませんが、世界では毎年多くの方が亡くなっている病気です。忘れずに予防接種を受けましょう。

混合ワクチン

 

パルボウイルス感染症、ジステンパー、伝染性肝炎、猫ウイルス性鼻気管炎など、複数の病気の予防に繋がります。毎年受けるのが基本となりますが、動物の種類や年齢によっても変わりますので、お気軽にご相談ください。

フィラリア予防

 

フィラリアは、蚊から感染して、心臓の中で成虫となって住み着く怖い寄生虫です。飲み薬、おやつに混ざっているもの、注射、身体に垂らすタイプなど、予防薬の種類はたくさんありますので、続けられるものを選ぶようにしましょう。

ノミとダニの予防

 

動物は人間よりも皮膚病になりやすく、その原因にノミやダニがあります。特に外で散歩しているワンちゃんは、草むらなどで拾ってきてしまうこともありますので、確実に予防をしておきましょう。こちらも飲み薬や身体に垂らすタイプのお薬があります。

  • clincblog
  • facebook
  • クレジットカード対応
  • アニコム損害保険対応動物病院
side_inq.png