TEL 03-3704-1014

TEL:03-3704-1014

〒158-0082 東京都世田谷区等々力1-34-18

野毛からお越しのしくろくんの歯髄壊死による歯内治療(抜髄根管治療)

  • HOME
  • ブログ
  • 臨床
  • 歯🦷
  • 野毛からお越しのしくろくんの歯髄壊死による歯内治療(抜髄根管治療)

歯周病治療でいらっしゃったしくろくんの歯科治療。

 

13歳ということもあり、残念ながら抜歯しなければいけない歯がありました。

痛みも感じていたはずなので、抜歯する事で痛みもなくなり生活の質は上がったと考えられます。

他の部分もスケーリング(歯石除去)を行ったので、歯肉炎や歯周炎は落ち着いて来るはずです。

このしくろくん、実は歯周病以外にも右下の犬歯に問題がありました。

 

犬歯は左右真ん中から数えて四番目の大きな歯です。

左右の違いがおわかりでしょうか?

写真左の犬歯(右下顎犬歯)は右の犬歯(左下顎犬歯)と比べ色が濃いことが分かるでしょうか。

また歯の先端が黒くなっています。これは過去に破折(歯が折れる)または咬耗(噛み過ぎで歯が磨耗すること)により
歯髄(歯の血管と神経)が露出している(露髄)ことをあらわしています。

この色の違いは露髄して口腔内の細菌が感染し、歯髄炎を起こし、歯髄壊死を起こしたためと考えられます。

このような歯は感染が起こっている為(または感染が起こりやすい)、抜歯または歯内療法(神経血管を抜く治療)が適応となります。

今回の症例では17kgの大きな子で、犬歯を抜くのには顎の骨を少し削る必要があること、外貌が少し変化してしまう可能性を考慮し

歯内治療を選択いたしました。

神経血管を抜き、MTA・ガッタパーチャを詰めたところ

 

被せ物(レジン)をして終了

当院では現在MTAという新しい歯内治療の材料を使用しております。

従来の治療法より迅速にかつ成功率も高く、合併症も少ないとされています(人間のデータでは)。

 

左右で歯の色が異なる、歯が折れてしまったなどありましたら当院へご相談ください。